· 

ブログはじめました。

 

みなさん、はじめまして!

 

代表の黒田です。

 

この度、六本木、西麻布エリアにて健美鍼灸サロンNovem(ノウェム)を開院させて頂きました。これから、皆さんのお役に立つような情報をブログに掲載させていければと思っていますので、よろしくお願い致します。

 

 

 

本日はお店の名前であるNovem(ノウェム)の意味についてお話ししていき、是非お店のことを知って頂きたいと思います。

 

 

 

Novem(ノウェム)とはラテン語で数字の「9」をあらわしています。皆さんの中で、数字の「9」を思い浮かべると、その発音が「苦(く)」を連想させることから、一般的にはそれほど好まれる数字ではないかと思うことがあります。ところが、実際には数字の「9」は縁起の良い数字であるとする一面が見られるのです。それは「9」という数字が、1桁の数字で最大のものであり「究極を極めて、完結・完成を意味する、最高のもの」との意味もあるのです。

 

 

 

東洋の陰陽論という、ありとあらゆる事物をさまざまな観点から陰と陽の2つのカテゴリに分類する思想では、偶数を陰数、奇数を陽数として、中国では、その奇数が重なる日を祝う習慣があるそうで、奇数(陽数)が重なる日を「重陽」とよんでいるそうです。奇数の中で最も大きな数である「9」が昔から特に好まれてきており、「9月9日は重陽の節句」として、縁起の良い日とされています。

 

また、「9」は「永遠」などを連想させる「久」と発音が同じであることから、縁起の良い数字として好まれていて、中国における数字の「9」は、特に恋愛、結婚、友情等における場面で好まれていて、女性の間で人気があるようです。

 

 

 

さらに、皆さんは「馬九行久」あるいは「馬九行駆」という言葉をご存知でしょうか。これは、「うまくいく」と読みます。その意味は、そのままで「万事何事も上手くいく」ということになります。その他に「馬九行九」、「馬九行」等、色々な書き方があるようです。

 

漢字表記が意味するところは、文字通り「9頭の馬が行く」ということでありますが、9頭馬とは昔から「勝負運、金運、出世運、家庭運、愛情運、健康運、商売繁盛、豊漁豊作、受験合格」と、九つの運気をあらわすといわれていて、縁起がよいとされてきたことに由来しているそうです。また、開運、招福にも力を発揮するそうです。

 

このように「9」という数字は実はとても縁起の良い数字なのです。

 

 

 

鍼灸院に来院されるお客様は、きっと何かしらの「お悩み」や「主訴」があって、ご来院される方がほとんどです。まさに今、現在の状態は苦しいという状態の方が多いことでしょう。その状態をノウェムにご来院して頂くことによって、鍼灸などの手段を通して「お悩み」や「主訴」の改善していき、その状態を反転して、心身ともに健康で美しい状態を手に入れて、ご自身の最高の理想に近づけるようにお手伝いさせて頂きたいという想いから、数字の「9」のラテン語であるNovem(ノウェム)と名付けました。

 

 

 

Novem(ノウェム)に関わった全ての人が万事何事もうまくいきますように。